2012年1月7日土曜日

三宅坂ビルこと妙見エヴェンキビル9Fには天下教(天主教)のアジトがある(w






元祖は・・・






御祭神
大彦命

長岡市妙見町にあり、信濃川の東。
JR線路がトンネルに入る北側に境内がある。

狭い境内は最近整備されたようで、
参道の樹木も切り取られ、裸状態だったが、
庚申などの石碑や石仏が並べられていた。

拝殿の周囲に補強のための棒が見える。
鳥居額に、小さな注連縄がぶら下がっていた。面白い。

式内社・三宅神社の論社、というより兄弟社。
皇室直轄の屯倉が置かれていたことから三宅という名となったといい、
妙見町は、ミヤケが妙見菩薩(ミヤウケン)と習合し妙見町となったらしい。

社伝によると、孝元天皇の皇子・大彦命が崇神天皇の勅命を受けて北陸を平定し、越の国に来られた。

大彦命の御子・波多武日子命が新羅の天日桙命の姫・姫天美明命と結ばれ
当地の東にある三明山(金倉山)に鎮まり、
金倉山三岳(幡持山、幕山、美明山)に三殿を作った。
幡持山(上の嶺)には大彦命、幕山(中の嶺)には天日桙命、
美明山(下の嶺、北の嶺)には波多武日子命と姫天美明命が祀られた。

後世、大彦命は山麓の妙見に、天日桙命は中潟に、
波多武日子命と姫天美明命は大久保が岡(六日市)に遷座された。

よって、当地から北へ、
妙見、中潟、六日市と3つの集落に三宅神社が鎮座している。
また、金倉山山頂には奥の院の石碑が立っているらしい。

それが・・・



寛文五年(一六六五)八月、吉田家御尋に対し、 また同六年及び享保五年(一七二〇)五月、幕府寺社奉行所 より神社本末御尋の節、三宅大連当虎書上の「社伝」によ れば、「越の三宅神社二座は、大彦命の御子波多武日子命 が新羅の天日桙命の姫天美明命と婚し、この国の三明山に 鎮り、三殿を造つた。三殿とは上の嶺には大彦命・中の嶺 には日桙命・波多武彦命と美明命は陰陽相殿に鎮まる。三 宮殿、二柱の神系により三宅神社二座とす。二神の御子三 宅真人武倉麿の館は嶺の中腹に御所平という古跡であり、 次に造替の所が今、御所塚といい、『神名久羅の御所』と 称した。上の嶺が今の幡持山、中の嶺が幕山、北の嶺が美 明山で、総名を神名倉(金蔵山)と唱う。後世上の嶺に座 す大彦命を麓に移し、後の妙見と称す。中嶺の日桙命を的 場ヶ崎平岡に遷し、後の中片(なかがた)と称す。下の嶺に 座す二神を大久保が岡に移し、姓を神瀧谷連と改む。宇都 宮大明神を称す」云々と記してゐる。
-『式内社調査報告』-


で、その後時と共に・・・




即ち女小ノ・・・になったわけです。(w

で、三宅坂ビルの即ちSakhaですが、それは・・・




→Evenks→エヴェンキ


で、三宅坂ビルの屋上には妙を見るための




があったりするんですね。(爆w



まあ要するにヴァチカン・Japan配下の日本の権力の各方面に巣食ってる草や影である日本の隠れキリシタン闇人脈のアジトみたいなモンです。(爆w






4 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

何と慈母に満ちた、妙(みやう)な話w

匿名 さんのコメント...

>Sakha 
site:tokumei10.blogspot.com サカ

エヴェンキ 満州 百済

>大彦命 波多武日子命

越王 古四王神社

>天日桙命(新羅) 都怒我阿羅斯等 敦賀

孝元〜開化〜崇神、この時代に民族的対立のルーツがあるんでしょうかね。

ミネ さんのコメント...

ぅ屯倉っすか
ミルク粥+七草を作りながら食べながらでタイムリーだなぁと悦にいっておりまふ。

江戸から大和朝廷にひとっ飛びな単語っすねw
コノ頃はナンデモ ミヤケ。
匁ッもんめっモンメッ 
綿から米を指す言葉になったということっすか
でも頭は乙巳の変辺りとどんどん脱線してしまぅっすw

淡路島

子供の頃屯田兵で とん? と心に残ったもんですw

訛というのは罪でござるな

匿名 さんのコメント...

>三宅坂ビル

色んな出来事がありましたね、、、

民主党が三宅坂ビルをデモ禁止地域に
http://tokumei10.blogspot.com/2010/11/blog-post_1136.html

三宅坂ビルに侵入者:民主党本部の鳩山由紀夫のパソコンのサーバーを破壊
http://tokumei10.blogspot.com/2009/10/blog-post_28.html

一通り見たい方
http://tokumei10.blogspot.com/search/label/%E4%B8%89%E5%AE%85%E5%9D%82%E3%83%93%E3%83%AB