2017年8月8日火曜日

大山ねずの命神示教会@青山ラインから加計学園@今治市まで芋づる式に








学校法人横浜英和学院(がっこうほうじんよこはまえいわがくいん)は横浜市南区に本部を置くキリスト教系の学校法人。キリスト教学校教育同盟の加盟校である。
  • 1880年 ブリテン女学校として設立
  • 1886年 横浜英和女学校に改称
  • 1900年 附属幼年学校(小学校)を設立
  • 1908年 附属幼年学校が本牧に移転
  • 1916年 横浜英和女学校が現在地に移転
  • 1923年 附属幼年学校も現在地に移転
  • 1939年 成美学園に名称変更
  • 1947年 成美学園女子中学校を設立
  • 1948年 成美学園女子高等学校を設立
  • 1980年 創立100年式典
  • 1996年 横浜英和学院に改称
  • 2014年 横浜英和女学院中学高等学校が2016年4月に青山学院大学系属校になり、2018年4月に男女共学にすると発表。それにともない校名を「青山学院横浜英和中学高等学校」に変更した。



杉山神社(すぎやまじんじゃ)は、主に五十猛神スサノオの子)や日本武尊主祭神とする神社である[1][2]。旧武蔵国における式内社の一社とされるが、その論社とされる神社は現在の神奈川県横浜市を中心に川崎市東京都町田市稲城市などに数十社存在する[3]
本項では上記以外の杉山神社についても一部触れる。

杉山神社は周辺地域に住む民衆の信仰の中心として鶴見川水系沿いを中心に拡大したとされるが、謎の多い神社である。鶴見川の他に帷子川および大岡川水系、多摩川の右岸(川崎市・稲城市)に存在するが、多摩川を超えた領域には存在しない。江戸時代に編纂された『新編武蔵風土記稿』では杉山神社が全部で72社あると記されているが、その後の合祀や社名変更などにより現状で宗教法人登録されている「杉山」(椙山も含む)が付く神社の合計は44社となっている[1][3][4]
平安時代貞観11年(869年)に編纂された『続日本後紀』では「枌山神社」と記述される古社で、同書では当社が承和5年 (838年)2月に官弊を賜り、また承和15年(848年)5月には従五位下を授かった旨が記されている[4]。さらに延長5年(927年)に編纂された『延喜式神名帳』では「武蔵国都筑郡唯一の式内社」との記載もされている。しかしその本社は比定されておらず、未だ多くの論社が存在する。なお、論社のうち現在では横浜市(緑区西八朔町、都筑区中川および茅ケ崎中央港北区新吉田町)にある4社が最有力とされている[5]
名称の由来については、杉山に祀られていたという説や樹木の神である五十猛命と杉林に因むという説、船舶材として使用されていたの木に因むという説など諸説ある[6]。また当社の由緒についても不明な点が多いが、出雲民族の末裔(五十猛命)が紀州熊野より海人族を引き連れて伊豆半島三浦半島に辿り着き、後者を経由して鶴見川水系に住み着いた一族の頭領が杉山神社を創建したという説がある[6]。なお、三浦半島の三浦郡葉山町上山口には旧相模国で唯一の杉山神社があり、さらに同神社の「元宮」と呼ばれる社も周辺の山中に鎮座している[6][7]、旧武蔵国における杉山神社との関係は不明である。この他、茅ケ崎中央の杉山神社に伝わる由緒では「天武天皇白鳳3年、安房神社神主の忌部勝麻呂(紀州忌部氏)によって武蔵国の杉山の岡に高御座巣日太命(高御産日命)・天日和志命(天日鷲命)・由布津主命(阿八別彦命)の3柱が祀られ、同氏の麻穀栽培地開墾の拡大とともに神社も広まった」とされている。当時の都筑郡は開拓者である忌部氏の勢力が強く、多くの古墳や環濠集落が作られるなど武蔵国府の支配外にある一つの小国を形成しており、古東海道も横断する物資の集散地であった。ただし、杉山神社の始まりが忌部勝麻呂によるものとされることについては『新編武蔵風土記稿』で記載されているものの、他に文献資料などが残っておらず根拠としては乏しいとされる[1][5]
一方、上述の杉山神社のルーツとは別に、源頼朝縁の旧相模国土肥郷杉山における市杵島姫命弁財天) を祀る「七杉山神社」(鎌倉鬼門鎮護を目的に7つのを建立)とされる社があり、式内社論社の杉山神社とも一部重複している[8]

なお、東京都墨田区千歳江島杉山神社も本来は弁天社江ノ島神社を勧請したもの)であり、「杉山」は杉山和一を祀っているため付いた名である。














、、、(爆wwwwwwwwwww



大山ねずの命神示教会(おおやまねずのみことしんじきょうかい[4][注 1])は、日本の単立宗教法人である[7]。 信仰対象は「大山ねずの命[8](おおやまねずのみこと)」。「ねず」は教会独自の字[9]で、「つくり横画がないような字[注 2]であるが、Unicodeで規定されていないため、当記事ではこれ以降ひらがなで表記する。 記紀神話に登場する「大山(おおやまづみのかみ)」のことではなく、三島・山祇信仰とも無関係[要出典]


大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、大山祇神を主祭神とする『三島・山祇信仰』の神社。1973年現在、北海道から鹿児島県まで全国に897社、同信仰の三島神社を含めると1299社存在する。また、1995年の神社本庁の調査では、三島神社と合わせて704社存在するという。大山積神社大山津見神社山積神社山祇神社山住神社と書く神社もある。
総本社は愛媛県今治市大三島大山祇神社である。






、、、(爆wwwwwwww


おまけ






しかし・・・



神祇管領長上(じんぎかんれいちょうじょう)とは、吉田神道を継承する吉田家当主が代々名乗った称号。元来は「神祇管領長上并南座勾当」であったが、やがて「神祇管領勾当長上」と略されるようになり、「神祇管領長上」が一般的となった[1]。また「神祇管領」や「神祇長上」「神道長上」とさらに略されることもある。

概要

神道を司るであった卜部氏の流れを汲む吉田家の当主は代々神祇大副神祇官の次官)を世襲し、吉田神社の宮司を務めるなどの神事を家職とし[2]、古典研究の蓄積によって、南北朝時代までに卓抜した地位を築いていた。
15世紀に当主となった吉田兼倶は代々伝えられてきた古典研究の知識を元に、「吉田神道」と呼ばれる神道説を大成し[2]朝廷室町幕府の信任を得て神道界の圧倒的な勢力となった[3]。兼倶は、日本書紀神代巻に主に神事を司ったという記述がある天児屋命の子孫である吉田家こそが、神道の宗家であると主張した[4]。ただし、兼俱は卜部氏および吉田家の系図を改竄して、自身の説を裏づけさせていた[5]
兼倶は神祇伯(神祇官の長官)であった白川伯王家に対抗して自らが神道の主宰者であることを示すため、少なくとも文明8年(1476年)頃には「神道長上」を名乗り、やがて「神祇管領長上并南座勾当」の称号を名乗るようになった[2]
江戸時代考証学が発達すると、吉田家の「神祇管領長上」という肩書きには疑念が唱えられた。このため、1779年(安永8年)、吉田家は『神業類要』を著し、「神祇管領長上」が自称ではないということを『令義解』『令集解』などを根拠として示した。だが、これらの多くは吉田家の当主を指して「亀卜長上」という呼び方が存在していたというものであった[6]。唯一、嘉禄三年(1227年)に卜部兼直宛に出された綸旨には、「宝亀五年(774年)以来」卜部氏が「神祇管領長上并南座勾当」という重職を世襲してきたと明記されていた[6]。しかし「亀卜長上」は同時期に複数の人数が当てられる律令制上の職であり、卜部氏の独占ではなかった[7]。しかも神道界の長というわけではなく、相当する位階すらない下級職であった[8]さらに嘉禄三年綸旨も応安4年頃に作成された偽造文であった[7]

以降の吉田家当主も幕末までこの称号を名乗り続けた[3]




要するにこれまた「まがいもん」の白川伯王家なわけで・・・(爆wwwwwwww






、、、(爆wwwwwwwwwwwww


3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

A 羅 SHI をおこして全てを壊すの
https://m.youtube.com/watch?v=nR3NAxKESGo

ご近所 さんのコメント...

豊田市にも有りましたなあw

#正解判定出ました

匿名 さんのコメント...

加計学園獣医学部 認可の判断「保留」へ 文科省審議会
NHK-2 hours ago
学校法人「加計学園」の来年4月の獣医学部新設について審査する文部科学省の審議会が9日開かれ、実習計画などが不十分で課題があるとして、認可の判断を保留する方針が決まり、今月末に予定されていた大臣への答申は延期される ...