2017年9月13日水曜日

さてヒットラーが日本の侍の血統だとしたらホロコーストは誰のせいになるんでしょうかねえ・・・(爆wwwww

「レッドブル」御曹司を国際手配=死亡ひき逃げ事件で-タイ
2017年9月12日 17:59 発信地:タイ

【9月12日 時事通信社】タイ捜査当局は12日までに、2012年にバンコクで起きた死亡ひき逃げ事件で、逮捕状を取って行方を追っているウォラユット・ユーウィタヤ容疑者(35)について、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ国際手配した。同容疑者は栄養ドリンク「レッドブル」創業者の孫で、タイ有数の富豪一族の御曹司。

ウォラユット容疑者は12年9月、バンコクの通りで高級車フェラーリを運転中、バイクでパトロールしていた警官をはねて死亡させ、そのまま逃走した疑い。

同容疑者は検察当局の再三の出頭命令を拒否。一方で自家用ジェット機で世界各地を飛び回る生活を送り、「金持ちや権力者は刑罰を受けないというこの国の文化の典型」(地元メディア)として捜査当局の甘い対応に批判の声が高まっていた。(c)時事通信社
http://www.afpbb.com/articles/-/3142631?cx_position=11






The Kehlsteinhaus (known as the Eagle's Nest in English-speaking countries) is a Third Reich-era building erected atop the summit of the Kehlstein, a rocky outcrop that rises above the Obersalzberg near the town of Berchtesgaden. It was used exclusively by members of the Nazi Party for government and social meetings. It was presented to Adolf Hitler on his 50th birthday, but he only visited the building a total of 14 times. Today it is open seasonally as a restaurant, beer garden, and tourist site.








要するに日本のアフォな仏教徒は自分たちを神の子イエス・キリストだとするユダヤ人を許せなかった。だからヒットラーに殺させたんですよ。(爆wwwwwww


でも結局ユダヤ人はイエス・キリストの血なんぞ受け継いでなかったんですけどね。(爆wwwwwww






で、天台宗と言えばTOC認定されてる後藤さんとか苫米地とか・・・(爆wwww

空海と言えばうどん県民とか・・・(爆wwwwww

だから・・・





最近はロヒンギャに対する民族浄化にご熱心なようで・・・(爆wwwwww

で、








が必要だったわけですが・・・

このままじゃ・・・





・・・になってしまいそうですなあ。できれば一部の反鬼畜英米な仏教徒・隠れキリシタン他各方面のカルトのエロくてパヨクな日本人サマナの皆さまや皇室・大日本帝国軍部人脈や満州派など当事者限定でお願いします。(爆wwwwwwwwww







日本国内外の言論圧力団体、大日本帝国軍部人脈、反英米サマナ人脈・阿Q人脈、玄洋社・黒龍会系アジア主義者人脈、隠し念仏・隠れ念仏人脈、サンカ人脈、山伏・当山派等修験道人脈、密教・禅・仏教利権屋人脈、隠れキリシタン人脈、満州派、在日コリアン、カルト教団、凱旋右翼団体、政治家・暴力団・部落開放同盟などの部落・同和・似非同和・人権・左翼、イスラム原理主義者、シオニストユダヤ等特定ユダヤ人脈




それなりに懺悔されてるイエズス会さんとヴァチカンさんはもう除外してありますのでそこんとこ宜しく。(爆wwwwwwww


7 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

やっぱこの連中との違いはなんだかんだで「悔い改めよ」「神を畏れよ」という教義の違いでしょうか
自分より上の存在の神様がいて人間は生かされているのだと言うシステムですからね
で、こいつらは「我々は神に選ばれた存在」「神の名の元なら何やっても許される」ですから
イコール選民思想となって我欲のためなら何でもするし反省も絶対にしないわけですな
そら殺処分しかありませんわ(笑)

匿名 さんのコメント...

1年ぐらい除外に気づかなかった(増加してるだけだと思ってた)懐かしの記事を

匿名党 Before After
http://tokumei10.blogspot.jp/2015/09/before-after_25.html

匿名 さんのコメント...

はーい!せんせー!

日本人またはサムライのせいになります!

匿名 さんのコメント...

>日本人またはサムライのせいになります!

そんな日本のみんなに笑える情報をプレゼント!

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/7860.html

士農工商の士、すなわち華士族・卒を含めた支配階級が6.4%、
神官と僧が1.2%、農工商の平民が90.6%、エタ・非人が1.7%となっている

農工商の平民が90.6%
農工商の平民が90.6%
農工商の平民が90.6%

日本の侍なんてのはジッサイ1割にも満たないのであった(爆)
サムライの国(失笑)サムライブルー(失笑)侍ジャパン(抱腹絶倒)
どこの誰が侍の血を引いてるんだって?9割も農民大工商人なのに?(核爆)

みんなの大好きな坂本竜馬さんすら
「元々は侍じゃない商家がお金を出して侍の身分を買った郷士」
で「同じ侍でも身分が低く被差別階級」
外人と仲良くなってからは刀なんかいらねーわこれからは銃と軍艦だろjk
というお考え(笑)

そして・・・その一部のマヌケ共が大好きなおサムライ(笑)すら
「武士道とは死ぬ事と見つけたり」だかなんだかでお殿様のために
嫁も子供も捨てて主のためにただで死んでこいやと言うパシリの鉄砲玉なのです
なんともヤクザの子分じみてますね(笑)
それに「侍」という字、なんで「人」に「寺」なんでしょうね(笑)
「寺を守る奴隷」っていう事なのかな?(爆)
本当笑えますね、サムライサムライ連呼してる現実が見えない糖質アスペの皆さん(笑)

GABRIEL さんのコメント...

天皇旧本家

日本の一般市民
無駄死に回避なら

匿名 さんのコメント...

【動画】 フェラーリ2台とフェルスタッペンが1周目にクラッシュリタイア 【 F1-Gate.com 】
https://f1-gate.com/movie/f1_38623.html

2017年9月17日
シンガポールグランプリ
F1シンガポールGPの決勝で、フェラーリの2台とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がクラッシュにより1周目でリタイアした。

F1シンガポールGPの決勝はスタートから波乱の展開となった。決勝前に降り出した雨により、10年で初めてウェットレースとなったF1シンガポールGP。フロントローのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とマックス・フェルスタッペン、そして、2列目から好スタートを切ったキミ・ライコネン(フェラーリ)が1コーナー前に接触。

その後、再度接触したライコネンとフェルスタッペンはリタイアとなり、ベッテルもその後スピンを喫してリタイア。1周目にフェラーリの2台が姿を消すことになった。

フェルナンド・アロンソも3台の接触に巻き込まれた。なんとかレースを続行したが、左リアのサイドポンツーンとフロアに大きなダメージを負い、テレメトリーのデータも失われる状態となり、9周目にレースをリタイアした。

匿名 さんのコメント...

ルノー、2018年末でのレッドブルとの決別をほぼ認める 【 F1-Gate.com 】
https://f1-gate.com/renault/f1_38700.html

2017年9月23日

レッドブル・レーシング ルノーF1

ルノーF1のマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールは、2018年限りでルノーとレッドブルが決別することをほぼ認めた。

F1シンガポールGPの週末、ルノーがレッドブルに2018年以降は同社のパワーユニットを使うことはできないことを伝えたとの噂が広がった。

シリル・アビテブールは「遅かれ早かれ、ルノーはレッドブルに別れを告げなければならない」と Auto Hebdo にコメント。

「だが、今日、私が確認できることは、彼らと2018年の契約があるということだけだ」

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、現在のエンジンメーカーの1社が2019年と2020年にレッドブルにF1エンジンを供給する可能性があると認めるが、フェラーリとメルセデスは過去にレッドブルへのF1エンジン供給を拒否してり、ホンダがレッドブルの供給元になる可能性が高いと考えられている。

ホンダは2018年からレッドブルの姉妹チームであるトロ・ロッソにエンジンを供給することになっているが、現在、ホンダのF1エンジンがグリッドで最も競争力が低いことは明らかだ。マクラーレンは、過去3シーズンのパフォーマンスと信頼性不足に耐えられず、今シーズン限りでホンダとのパートナーシップを解消することを発表している。

レッドブルのドライバーを務めるダニエル・リカルドは、ホンダが大きな改善を果たせなければ、レッドブルはグリッド後方に沈む可能性があると懸念している。

「チームの観点から見れば、ホンダが多くのとの差を縮めなければならないことは秘密ではない」とダニエル・リカルドはコメント。

「彼らに進行中や秘密のことがあるかもしれないけど、来年、そのかなり大きな兆候を示す必要があるのは確かだ」

レッドブルは2018年にアストンマーティンがタイトルスポンサーに就任されると噂されており、アストンマーティンは2021年の新しいエンジンレギュレーションによってはF1にエンジンを供給することに興味を示している。また、同じ2021年にはポルシェがレッドブル・レーシングを買収してワークス化するとの噂もある。