2018年4月17日火曜日

福田淳一事務次官@岡山@反英米

 財務省の福田淳一事務次官によるセクハラ疑惑を報じた「週刊新潮」編集部は16日、コメントを発表した。コメントは次の通り。

記事は全て事実に基づいたものです。財務省が本日公表した文書に対する週刊新潮の見解は、4月19日発売の次号に掲載いたします。(共同)

2018.4.16 16:59
産経ニュース
https://www.sankei.com/entertainments/news/180416/ent1804160006-n1.html



福田 淳一(ふくだ じゅんいち)は、日本財務官僚
岡山県出身[1]。妻は高石邦男文部事務次官の娘。篠沢恭助の紹介で見合い結婚した[2]
神奈川県立湘南高等学校卒業[3]旧司法試験合格[3]東京大学法学部卒業[3]1982年大蔵省入省[1]。82年入省組は、渡辺美智雄蔵相の変わり者を採用すべしとの発案で、中島義雄秘書課企画官の裁量で多様な人材が採用されたが、1名の自殺者、1名の病死者、大蔵省接待汚職事件での1名の逮捕者、同事件での処分を受けた退職者1名などが出た。当時の秘書課長を務めた小粥正巳は、後年「人間の評価っていうのは難しいな」と述べている。82年入省同期組には、片山さつき(自民党参議院議員)、迫田英典(元国税庁長官)、佐川宣寿(元国税庁長官)などがいる[4]
2004年財務省主計局主計官(厚生労働係担当)。
2006年財務省主計局法規課長
2008年財務省大臣官房総合政策課長。
2009年財務省大臣官房参事官
2011年財務省主計局次長
2014年財務省大臣官房長
2015年財務省主計局[3]
2017年7月5日財務事務次官
森友学園問題では、佐川宣寿の聴取を行った[5]














高石 邦男たかいし くにお1930年3月3日 - )は日本官僚。元文部事務次官福田淳一財務事務次官は娘婿[1]
福岡県生まれ。福岡県立伝習館高等学校を経て、1953年九州大学法学部卒業、同大大学院法学研究科進学。

略歴

1989年クルート事件に関する収賄罪容疑で逮捕2002年最高裁判所で、「積極的な便宜供与行為をしていなかったとしても,文部省が私人の事業の遂行に不利益となるような行政措置を採らずにいたことに対する謝礼等の趣旨で利益を収受したときは、収賄罪における職務関連性が認められる。 」として懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金2270万円が確定。

高石の長女の夫は福田淳一財務省事務次官である。




篠沢 恭助(しのざわ きょうすけ[1]1937年(昭和12年)3月1日[2] - )は、日本官僚。元大蔵事務次官
東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)、東京大学法学部卒業後、大蔵省入省。
理財局長、大臣官房長、主計局長を経て、1995年(平成7年)大蔵事務次官に就任。斎藤次郎が任期を2ヶ月残して辞任した後を受けて次官に就任したが、中島義雄田谷廣明ら主計局幹部による過剰接待問題や、大和銀行ニューヨーク支店巨額損失事件における銀行局(西村吉正局長)と国際金融局(榊原英資局長)の米国側への通報が遅れた事で問題とされた件、住専国会を経て住専への公的資金投入など、これら一連の「大蔵スキャンダル」でマスコミや政界、国民などの大きな反発を受けていたため、歴代大蔵次官では最短となる在任7ヶ月での辞任となった(但し、のちに小村武が次官在任6ヶ月で辞任した)。

1996年(平成8年)に退官し、その後1998年(平成10年)海外経済協力基金総裁、1999年(平成11年)国際協力銀行副総裁、2001年(平成13年)国際協力銀行総裁を歴任し、同総裁退任後、2008年(平成20年)から資本市場研究会理事長を務める。


田谷 廣明(たや ひろあき、1944年(昭和19年)12月27日 - )は、投資家経営コンサルタント東京都出身の元大蔵官僚二信組事件関連で、イ・アイ・イ・インターナショナル高橋治則プライベートジェットで香港旅行したことなどの過剰接待により辞任した。また主計官時代に整備新幹線着工問題に関して、昭和三大馬鹿査定発言を行い、物議を醸した。












、、、(爆wwwwwwwwwww

2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

鈴木邦男
鳩山邦夫
高石邦男

高(麗)+石(ストーンメイスン)

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

匿名 さんのコメント...

篠沢の時すごかったんだなw
闇すぎる…wm